山梨県甲府市の山梨立正光生園保育所は、明るく豊かな心を育てます

 

☆環境と特徴

 
 
園庭
日蓮宗遠光寺境内内(約30,000㎡)に位置し、2,000㎡の広い園庭でのびのびとあそびます。
 

保育内容

保育内容
 
自由保育をベースにした保育環境
個別化を基本に、一人一人の子どもが自由に選択し工夫して遊びを楽しみ成長できる、豊かに整えられた遊び環境を用意する。
 
ハンガリーコダーイの教育システムを参考に保育プログラムを設定
・数の概念 ー 生活の場面を通じた数の概念の理解。
・体  育 ー 遊び感覚で楽しみながらの心身の育成。
・文  学 ー わらべうたや詩を材料に、美しいことばの表現を学ぶ。 
 

10月の活動

10月の活動
 
運動会
年長クラス。待ちに待った運動会の当日がやってきました。とても良い天気です。子どもたちからも「何かドキドキする。」「ママとパパが来たんだよ。」という嬉しそうな声も聞かれます。始めの体操、リレーをした後は、いよいよ遊戯『カイト』です。5色の色とりどりの旗を持つ子どもたちは、笑顔で自信を持って踊っており、さすがの年長さんでした。保護者の方も涙ながら感動していた姿が印象に残ります。今年度は新型コロナウイルス感染症対策のため、年長さんの保護者の方のみの参加となりましたが、2歳児、年少、年中児も平日に運動会ごっこを楽しみました。来年度はみんなで参加できるようにと願っています。
 
環境教育事業「地球温暖化」
「地球温暖化」をテーマに、甲府市役所の環境部の方と山梨県立大学の学生さんが、ペープサートや手遊びをしながら、エコ・サイクル・節電などのお話を子どもたちにしてくださいました。普段の生活の中で身近なものの話でしたので、とても分かりやすく、どの子どもたちも真剣に話を聞いていました。クラスに帰ってきてからも、「こぼしたら雑巾で拭くんだよね。」という声も聞かれ、環境を考える良い機会となりました。
 
楽積木(らくつみき)
2歳児クラスで、楽積木をして楽しみました。
クラスではこのヒノキの香りの積み木が大人気です。
正方形、長方形、台形の形を工夫して、積んでいき、家、線路、ピラミッドなど、様々なものを作り上げていきます。友だちと協力して、高く積んでいき、崩れてしまうと、「キャー!」「あ~、もう1回やってみよう。」と繰り返し、楽しむ姿も見られました。
 

9月の活動

9月の活動
 
ゴマすり
年中クラスで、新型コロナウィルス感染症対策をしっかりとした中で、ゴマすりをしました。
「何か良いにおいがする。」「パチパチって音がするね。」「お家でやったことあるんだよ。」等、言いながら、真剣な表情でゴマをすり鉢ですっている子どもたちです。昼食に『れんこんサラダ』に入っていました。自分たちですったゴマが入っているとあり、味もいちだんと美味しくいただきました。
 
室内遊びの様子
0歳児クラス。みんな体を使った遊びが大好きです。今日はトンネルやマットで遊びました。トンネルくぐりは、中をのぞきこみ、不安そうな表情をして、なかなか進めません。出口の方から保育者が「おいで~。」と声をかけると、中に入り、一生懸命にハイハイをして出ることが出来ました。たくさん褒められて嬉しそうでした。マットの上では友だちや保育者とゴロゴロ転がり、フカフカな感触を楽しみました。
 
寒天で感触、色あそび
1歳児クラスでは、寒天であそびました。色にも興味を持ちつつある年頃、赤青黄色の寒天を目の前に「わ~。」と歓声を上げたり、「あお!」などと色を言ったりする友だちもいました。ひんやり冷たい寒天を、初めは指先でそっと撫でたり、押さえたり、その弾力を楽しんだりしていましたが、次第に握りつぶしたり、様々な色をまぜてみたり、ダイナミックな活動となりました。
 
 

8月の活動

8月の活動
 
ゼリー作り
新型コロナウイルス感染症対策をした中で、初めての料理あそびをしました。
エプロン、三角巾、マスクをつけて、調理器具の名前や作り方の説明を真剣に聞いて
いた年少児です。
少し緊張しながらも、「飴みたいなにおいがする~♪」と言いながら、ゼリー液を混ぜたり、ナタデココを入れたりしました。
3時のおやつに皆でいただきました。
 
夕涼み会に向けて
年長児が夕涼み会に向けて製作しました。
風船に紙を貼って、自分の顔を立体的に作り、絵具で顔を塗りました。
どのお友だちも真剣です。そして乾いた後は、毛糸や画用紙で髪を付けました。
友だち同士で刺激を受けながら、「どうしようかな?」「やっぱり、毛糸にしたい。」と言いながら、細かい毛並みまで表現しました。
夕涼み会の当日に廊下に飾って、記念撮影をしました。
 
夕涼み会当日
年長児が待ちに待った夕涼み会です。
当日は浴衣や甚平を着て登園して来ました。
友だちとワイワイととっても嬉しそうです。
新型コロナウイルス感染症対策をしっかりした中で、ジャンケン、かき氷、ヨーヨー、宝さがしコーナーを楽しみました。
夕食を食べた後は、ホールでキャンドルサービスをし、ブラックシアター、ハンドベルの演奏も聞きました。
皆の気持ちが一つになり、思い出に残るひとときとなりました。
 
 

7月の活動

7月の活動
 
七夕まつり
朝、保育園に大きな笹が届くと、子どもたちは大喜びです。
「どうやって、付けたらいいの?」と保育者に短冊の付け方を聞きながら、一緒に飾り付けをしました。クラスでアイスを食べた後は、ホールで七夕まつりに参加です。ピアノに合わせて歌を歌ったり、パネルシアターで、七夕のお話を聞いたり、ハンドベルの演奏にじっくりと耳を傾けていました。
 
交通教室
年4回行われる交通教室です。
市の交通課の方が、毎回パネルシアター、ハンドプレー等を使って、交通ルールを教えてくださいます楽しい活動です。『わたし(ぼく)、かならず、とまります!』の3本指のお約束を皆で確認し、ルールを守って、車には十分に気をつけることを学びました。
 
トウモロコシの皮むき
食育活動の一端として今月は各クラスで野菜の皮むきをしています。
今回は年少クラスでトウモロコシの皮むきをしました。
2歳クラスでも経験したとあって、子どもたちはとても慣れた手つきで皮をむき、「わあ、おひげが出てきた!」「黄色のつぶつぶがいっぱい。」と真剣な表情で参加していました。上手にむけたトウモロコシは3時のおやつにいただきました。
 

6月の活動

6月の活動
 
陶芸教室
年長児が親子で陶芸をしました。
「何を作ろうかな?」と親子で相談しながら、形を作り、楽しく参加している姿がたくさん見られました。世界に一つだけしかないカップはどのように焼きあがるか?後日、釉薬を付けて、本焼きしてから、プレゼントいたします。
出来上がりが楽しみです♪
 
散歩
遊亀公園に散歩に出かけました。
お天気が少し心配でしたが、子どもたちのパワーで雨も降らずに散歩することが出来ました。公園ではジャングルジムや滑り台を滑ったり、鬼ごっこをしたりと、身体をたっぷり動かして遊べました。また、地域の方との交流も楽しみました。
 
にじみ絵
年中児で、和紙を使って、にじみ絵をしました。
和紙を三角や四角に折り、角を絵具に付けて、開きます。「見て。」「きれいに出来た!」「ちょうちょうが出てきた。」等、どの子どもたちも嬉しそうです。にじみ絵も色鮮やかに出来ました。出来上がったにじみ絵は、各クラスに配り、親子で願い事を書く、短冊の飾りに使います。
<<社会福祉法人 山梨立正光生園>> 〒400-0856 山梨県甲府市伊勢二丁目1番19号 TEL:055-235-1793 FAX:055-235-1784